毛穴 黒ずみ

小鼻の黒ずみの原因

小鼻の黒ずみの原因として考えられるのは、一つの問題ではありません。

メラニン生成により、毛穴は黒ずみを生じることになりますし、角柱ができてしまうことも、汚れで黒くなり目立つことになります。

毛穴からは毎日皮脂の分泌がありますが、皮膚を滑らかにするためにも、ある程度は必要なものになります。

しかし過剰な皮脂は、毛穴に貯まりやすくなるので、そのまま詰まるとそれも、毛穴を黒く目立たせることにつながりやすいです。

あまり意識をすることもないでしょうが、皮膚の酸化も毛穴を目立たせる要因となりやすいです。気になるからといって過剰な洗顔はしないように控えて、ただし洗顔を行いましょう。そのうえで、スキンケアをしていくのが良い方法です。

小鼻の角柱の正体は?

小鼻の角柱は、毛穴に古い角質や酸化した皮脂、ほこりなどのさまざまな汚れがたまって固まったものです。

角柱ができることによって毛穴が広がり、凹凸が目立つようになり、影ができることで、ぶつぶつの黒ずみとなります。

これを防ぐには、正しいスキンケアをおこなうことです。きちんと保湿できていれば、毛穴に必要以上の皮脂が分泌されるのも防ぎやすくなります。

また、生活習慣も大事です。肌は28日周期で新しく生まれ変わっています。しかし不規則な生活をしていると、このターンオーバーが正しくおこなわれなくなることがあります。すると、垢となって剥がれ落ちるはずの古い角質が、いつまでもとどまることになります。

正しいスキンケアと生活習慣は非常に大事です。

小鼻の黒ずみを悪化させる間違った対処法

小鼻に黒くポツポツとした黒ずみができてしまう人は多くいます。目立ってしまうのでどうにかしたいという気持ちは分かりますが、間違った対処法をしている人が少なくありません。

毛穴の形状は奥が丸くなっていて、入り口が狭くなっています。毛穴パックを使うと角柱が取れるのが分かり、何度もやってしまいがちですが、毛穴を広げる原因になります。

また、メイク落としはゴシゴシと擦ると肌に余計な負担をかけるのでやめましょう。ピーリングの過剰な使用も避けましょう。

そして、爪などで角柱を押し出す人がいますが、これは絶対に行ってはいけません。雑菌が入り込んで炎症を起こしてしまうなどのトラブルにつながってしまいます。小鼻のケアはやさしくするのが鉄則です。

小鼻の黒ずみを取る方法

鏡を見ていると、小鼻の毛穴が気になる人は多いです。肌のターンオーバーが正常化出来ていないと、肌トラブルの原因になります。

思春期の肌は、皮脂が分泌しやすくカチカチの角質になることもあるのです。紫外線を浴びて、黒ずみが気になって恥ずかしい人もいます。そんな時には、まずは肌を柔らかくすることを考えましょう。

むやみに鼻を触らないことも大事です。朝にきちんと洗顔をしましょう。ふわふわの泡で、肌を傷つけないように洗った後は正しいスキンケアをするのです。

毛穴が開く肌には、セラミドなどの含まれた成分の化粧水を付けて、十分に保湿しましょう。毎日続けていれば、確実に肌は変化します。綺麗になれると信じて、スキンケアをしましょう。

綿棒とオリーブオイルを使って黒ずみを除去する方法

鼻の黒ずみをキレイにする、簡単な方法のご紹介です。

用意するものは、綿棒とオリーブオイルだけ。料理用のものでも大丈夫です。

レンジングと洗顔をした状態から始めます。

小皿などにオイルを出して、綿棒にたっぷりと含ませます。それを鼻の気になる部分に塗りながら、クルクルと優しくマッサージするように転がします。
ツンツンと飛び出した角栓は面白いようにくっついて、表面が脂で黄色っぽくなってきます。

綺麗なものと取り換えながら行ってください。詰まって取れない角栓は、毛穴の横から押し出してみてください。

それでも取れない頑固なやつには、二刀流でやはりオイルを含ませたもう一本とで挟むように押し出して。ただし、一度に取りきろうと力を入れすぎてはいけません。皮膚が赤くなるようではやりすぎです。

最後にもう一度、洗顔して充分に保湿して終わりです。

週に一度のお手入れに取り入れてみてはいかがでしょうか。

ニベアとオロナインは鼻の黒ずみに有効?

家庭で手軽にできる鼻の黒ずみを目立たなくする方法として、ニベアやオロナインH軟膏を使ったケア方法があります。

ニベアは全身に使えるボディクリームとして、ドラッグストアで安価に入手できるのが特徴です。

毛穴が目立つ部分に少しつけるだけで、毛穴が目立たなくなります。毎日続けていれば、肌のキメが細やかになるため、毛穴も小さくなっていきます。

あまりつけすぎると、ニキビの原因となることもあるため、少量の使用に留めることが大切です。

それに対して、オロナインを使う場合はたっぷりと贅沢に使用します。オロナインを鼻やTゾーンにたっぷりと塗布し、食品用ラップでふんわりと覆います。

この状態で10分から30分キープします。この方法はオロナインパックと呼ばれており、肌の黒ずみや赤みが消えたと多くの女性から報告されています。

これはオロナインに抗炎症作用のある成分が含まれているからだと考えられます。

いちご鼻ってなに?

なんだか可愛い響きがするいちご鼻。

ですが、広がった毛穴にぶつぶつできたいちごの種のような凸凹肌、このつぶつぶの正体は角柱(角栓)、角栓とは毛穴に過剰な皮脂や古い角質、落としきれなかったメイクの油分、すすぎ不足の洗顔料などの汚れが詰まり出来てしまいます。

やがてこれが酸化して黒くなって行くのです。こうなると、鏡を見るのも辛くなりますね。

これ以上ひどくしないために丁寧なスキンケアを心がけましょう。毎日、寝る前にはクレンジングを使用してメイクを落とす。洗顔料で過剰な油分を落とし、化粧水で水分を補充して乳液で水分を守る膜を作る。

毛穴パックなども一時的には有効ですが、肌を傷める可能性があります。丁寧にケアして根本的に解決を目指しましょう。

いちご鼻の治し方

いちご鼻とはいちごの種の粒々のように、鼻の毛穴のぶつぶつが目立っている状態のことを言います。

このいちご鼻になりやすい人の特徴は、お肌が乾燥していることにより、それを補うために皮脂を大量に分泌するインナードライの状態にあることです。

そのためいちご鼻の改善法としては、まずはお肌の保湿似た代表される、正しいスキンケアを行うことがまず挙げられます。

正しいスキンケアの例としては、古い角質が毛穴に詰まっているのを改善する角柱ケアや、正しい日常生活を送ることを心がけ、お肌のターンオーバーを正常化させることなどがあります。

また紫外線を浴びることで、メラニン色素が増えていちご鼻になってしまう場合もあるので、紫外線をできるだけ浴びないようにしたり、メラニンの生成を抑制するコスメを使用するなどのメラニン対策も有効です。

いちご鼻がなかなか治らない原因

どんなにスキンケアを徹底していても、すぐに結果が出ないと気持ちは落ちますが、その理由を知れば心持ちも変わるかもしれません。

ちなみにいちご鼻の原因は酸化した皮脂が角柱となり悪目立ちすることにあります。これは逆転の理論で考えると周りの肌をより良く見せれば、毛穴は見えにくく焦点があたらなくなるというものです。

肌は日々成長していて、古い角質を自然と落とし新しい肌を再生してくれています。ただこのターンオーバーが、繰り返しの肌荒れとかで乱れると正常化になるまでに時間がかかります。

例えばターンオーバーの通常は28日周期と言われていますが、これが乱れると1ヶ月以上の時を経ないと新しい肌は生まれてこないというのです。

そのため素直に肌が反応してくれるには時間がかかることを覚えて、そのための日々のスキンケアを大事にしましょう。

男の毛穴の黒ずみの原因と対策

男性ホルモンが多い男性は、皮脂分泌が過剰による皮脂詰まりが起こりやすく、メラニン生成が増えることで黒ずみが女性よりも起こりやすいです。

黒ずみを放置しておくと沈着してしまうので、早めにダメージを解放して落としていく必要があります。

皮脂分泌が過剰な男性は、食生活から改善していくべきでしょう。食事の最初に100g程度の生野菜を食べるだけで、食べすぎを防ぐことができます。これは脂肪の摂りすぎを防ぐことにもつながるので、結果的に皮脂を減らすのです。

洗顔をするときは皮脂をしっかりと落としつつ、保湿ケアも十分に行ってください。保湿力のある肌はターンオーバーを正常にし、毛穴に皮脂が溜まりにくい状態にしてくれます。

鼻の黒ずみに効く正しいクレンジングの選び方

鼻の黒ずみに効くクレンジング剤とは、まず第一に、自分の肌に合うものです。

人の肌には主に3つのタイプがあります。乾燥肌、普通肌、オイリー肌です。それぞれに向いたクレンジング剤がありますので、自分の肌質を見極め、合った商品を的確に選ぶことです。

例えば乾燥肌なのに、洗浄力が強すぎるものを選ぶと、肌は乾燥して余分な皮脂が毛穴から分泌されやすくなり、それが詰まって鼻の黒ずみが目立つことにつながります。

自分の肌のタイプを見極めたら、あとはきめ細かい泡立ちの商品を選ぶことです。細かい泡ほど汚れをよく落としますので、泡立ちは大事です。こうして、正しいクレンジングを選ぶことによって、効率的に角柱ケアできるようになります。

鼻の黒ずみに効く正しいクレンジング方法

鼻の黒ずみは、不潔な印象やずぼらな印象になってしまうことが多く、人から見えやすく、目立ちやすいので、正しくクレンジングをして、清潔を保つことがおすすめです。

落としきれない皮脂と汚れが混じって、毛穴をふさぎ、表面から参加してきたものが黒ずみで、ニキビの原因にもなることがあるので、毎日のクレンジングを見直し、黒ずみが気にならないきれいな肌になりましょう。

洗顔前に手を洗うことをつい忘れてしまう人が多いのですが、手の汚れが皮脂と混ざってしまうので、忘れずに手を洗いましょう。

クレンジング剤を肌にやさしくなじませたら、洗い流しますが、冷たい水では油分が落ちにくいため、人肌程度のお湯で洗い流します。洗顔時間は2分以内が適当です。

クレンジング後の鼻の黒ずみ対策

黒ずみはしっかりと皮脂を落とせばそれでケアできているイメージがありますが、実はそうではありません。クレンジングや洗顔後のお肌というのは一番刺激を受けやすい時です。

乾燥しやすいのですぐに化粧水をつけますが、この時パッティングしないという注意事項を守りましょう。

パッティングはお肌を擦ることによって、刺激が強くなってしまいます。肌に押し付けるようにして、手で包み込むようになじませると保湿効果が高まり、黒ずみ対策に有効です。

毛穴が目立つからと、冷たく化粧水を冷やす人もいますが、冷水パッティングはしないのが原則です。冷たい刺激で一時的に毛穴が締まるだけで、すぐに元の状態に戻ってしまうだけでなく、毛穴の奥の汚れが排出されにくくなります。

鼻の黒ずみを予防する食生活とは

毎日しっかり洗顔しているつもりでも、気が付けば鼻の毛穴に汚れが詰まってしまい黒ずんでいることは良くあります。

この黒ずみがあるときれいにお化粧をしても完璧には隠しきれずに鼻だけ目立ってしまうことになりかねません。

黒ずみを予防するためには、まず食生活から改善する必要があります。

毛穴の黒ずみは、過剰に分泌された皮脂にほこりなどの汚れが混ざって固まったものです。

カロリーが高い脂っこいものばかりを食べているとその分余計な皮脂が分泌されてしまいます。外食するときには脂っこい食べ物やアルコールをできるだけ控えることが大切です。

活性酸素の働きにより人間の体は次第に老いていくので、新しくてきれいな肌を保つのが難しくなります。そこで、抗酸化作用のある食べ物を一口で30回よく噛むことで体内に吸収されやすくなるのでお勧めです。

毛穴詰まりを防ぐ生活習慣

生活習慣を改善することで、ニキビが治ったという方は大勢います。

肌トラブルというのは、スキンケアよりも生活に問題があって発生することが多いのです。

ターンオーバー、ホルモンバランスが崩れてしまうと肌が荒れてくるので、睡眠だけはしっかり取りましょう。質のよい睡眠を取ることはストレスフリー生活にもつながり、肌状態を安定させてくれます。

適度な運動は代謝力を高めて、体内毒素を排出してくれます。

飲酒は適量なら血流をよくしてくれるので、動脈硬化を抑えるために役立つでしょう。

タバコは百害あって一利なしなので、タール・ニコチン量に関わらず控えるべきです。

日々の生活から改善していけば、ニキビ知らずの安定した肌を手に入れることができるでしょう。